スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すずしー毎日

25度を行ったりきたりする毎日。
涼しくてすごしやすいのはいいんですが、ほんとに夏?と思ってしまわなくもない?w

梅雨の季節に戻った気もする今日このごろ

すかあああああああああっとしたいデスネw

海岸線を真っ青な空の下ドライブしたい!
スポンサーサイト

SEO専科で検索率うp

ネット文化が大衆化した結果、ホームページやブログ等巷に溢れかえる時代となった。
結果として玉石混合状態となり、すばらしいサイトを作っても、場合によっては見てもらえないまま埋もれる事態も珍しくありません。

ほむぺの質や更新するモチベーションを維持するためにも、やはり多くの人に見てもらいたいのが本音。
しかし、ただそのためだけに闇雲に改造しまくると、手段が目的化してしまい、結果として方向性がずれたほむぺは放置されることにもなりかねません。
私もホームページを作成したことがありますが、月に何ヒット、1日に何ヒットしたに一喜一憂していた結果、そのことだけが目的化し、中身が薄っぺらいことがいやになって閉鎖した苦い経験が。。

そんなわけで、本気でほむぺ等を行いつつ検索率を高めるためにも、プロの力を導入するのも一つの方法です。

例えば、SEOなんかはいかがでしょうか。

完全成果型なので、料金の支払いにも納得がいくことでしょう。
さまざまな検索サイトのさまざまなキーワードに対応するため、総合的に検索率を上げる効果が期待できます。

個人から会社まで、必要に応じた利用が出来そうなこのサイト。「時間」と「労力」という貴重な資源を、プロに「お金」を払うことにより浮かせて、それをホームページ等の質向上に役立ててみるのはいかがでしょうか。

買い物弱者の強い味方

買い物って意外に労力使いますよね!
しかも、毎日消費していくから、家族がいると一度に買う量も半端ないものが@@;
おまけに、毎日同じものでは飽きるので、献立に変化をつけようとすると、必要な食材の把握が大変で、結果として冷蔵庫の奥の方で無駄になっちゃうことも。。。
その重い量の買い物をするためにスーパーへいくことが出来ない高齢者などの買い物弱者。
この問題に取り組もうと、トラックを販売車に改造して過疎地を回ったりするサービスもあります。
が、種類や鮮度、量の問題の解消が難しいのも事実です。

そんな買い物問題に一石を投じそうなのがこのサイト。

ネットスーパー

当日に用意された新鮮な食材が「直接自宅に」届けられます。
注文方法も、ネット以外にも携帯や電話で可能なので、高齢者にも優しいシステム。
そして、他の宅配サービスと違う点が、不在でも宅配されること。留め置きサービスにより無料で専用の鍵つき容器に入れておいてくれます。心配な方はオプションでレンタルロッカーを借りてさらに安全に!
これにより、仕事から帰宅すると食材が待っているというステキな状態に。

今のところ宅配可能な地域が東京のみですが、今後拡大されることが期待されますね。

メガヒット作もクリエイター次第?!

ファイナルファンタジー
ドラゴンクエスト

この二つは、RPGに革命を起こし、本道の作品シリーズ(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ等の番号を冠するもの)以外にも多数姉妹作品を派生させた化け物的作品である。

ゲームを語るに当たって外せないこの2作品

しかし元はといえばファミコン時代から始まったのである。

今のゲーム機とは比較にもならない低スペック
今のゲーム機とは比較にもならないドット絵

しかし、あの時代に完璧にフィットしたネタを時代が許す範囲で再現した結果、数十年に及ぶヒットへと繋がったのである。

つまり、ゲームを作るのは人であり、ゲームをするのも人である以上、時代にあったネタを時代に合わせて作品へと昇華させられれば、あるいはヒット作へ!と夢も膨らむものである。

そんな夢を形にした、RPGツクールなんてソフトもあったが、それは余談(え

それはともかく、独学では厳しいぐらいゲーム業界が進歩しすぎているのが現状であり、本気で挑むなら専門的に学ぶ必要があるかもしれない。

そんな野望に燃える方はこんなサイトを利用してみてはいかがだろうか。

ゲームクリエイター、企画・制作の専門学校WEB by 北條晃二

いろんな専門学校があり、資料も豊富。自分の目指すゲームクリエイターにフィットしたところが見つかるだろう。

ぜひ、第3のメガヒットを目指してがんばってほしいものである。

実績の積み重ねが大事

物には必ず期限がある。永久不滅なものはない。

賞味期限、有効期限、耐用期限、etc。

では期限が経過したらどうなるか。無用の長物となる。
無用の長物となったら、あとは捨てるしかない。

しかし、「他人」にとっては期限内だとしたらどうだろうか。

特に、「本人」にとっては愛着がなくなっただけでまだまだ使用可能な場合はなおさらである。

さらに、バイクのような大物になってくると、判断が難しい。

無味乾燥に、年式と走行距離と型番で判断されると、愛車がガラクタのように思われて涙した方も多いのではないだろうか。
「大事に載ってたから傷みも少ないしいろいろ手を加えてかっこよくしてある!」とがんばって主張したもののスズメの涙に査定されたのはほろ苦い思い出?!

そんな方々へ参考となるサイトを発見したのでご紹介。

バイク買取

このサイトのよい点は、全国無料査定、現金買取、手続き代行等いろいろあるが、一番は「専門知識のある査定士により、よい方向でカスタムされた部分をプラス査定してくれた点だ。
この点だけでも、他店よりけっこうプラスに査定されて夢見心地。

乗り換えたいけど愛車をどうするかとお悩みの方は、一度査定してみてはいかがだろうか。
プロフィール

ダーク政宗

Author:ダーク政宗
曇りなき 心の月を 先だてて 浮世の闇を 照してぞ行く

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。